神戸牛〜世界の舌を魅了する味〜

神戸ビーフの由来

明治元年の開港以来、神戸には世界各国の人々が往来し、洋食文化の彼らが口にした
牛肉の中で、但馬地方の牛が格別においしかった為「神戸ビーフ」(神戸肉)と称され、
以来世界中にその名が知られることになったのです。


神戸ビーフは飼育に歴史あり

昔、この地方では牛を大切に飼育することが農業に熱心である証拠とされており、良い牛
には殿様からご褒美をいただくほどでした。 ですから牛の肥育に関しては長い歴史があり、
家族同様に愛情をかけた飼育、工夫されたエサ、気候風土や水などの環境も備わった
但馬地方は、最も美味しい牛肉を作る条件にかなっていたといえます。


神戸ビーフはなぜ美味しい?

肉の旨さの最も重要な要素は素牛の資質です。
神戸ビーフの素牛となる但馬牛は、仔牛が生まれると 1頭ごとに血統を表した家系図が記載
された登記書が作られるほど、厳重に血統を管理しています。
そして数多くの但馬牛の中でも、厳しい肉質の基準をクリアしたものだけが「神戸ビーフ」
「神戸肉」という称号を得られるのです。
その肉質は、赤身の中に脂肪がきめ細かく入り、鮮やかで美しい「サシ」(いわゆる「霜降り」
と呼ばれる)となります。
熱を加えると「サシ」が溶けてその回りの赤身をときほぐし、柔らかく舌触りをよくします。
神戸ビーフの「サシ」の融点は人肌で溶けだすほど低いため、くどさがなくその特有の芳醇な
香りが口の中いっぱいに広がり、味にまろやかさとコクを生み出すのです。


神戸が生んだ世界が絶賛する味「神戸ビーフ」をぜひ味わってみてください。

すき焼き

しゃぶしゃぶ

カレー・シチュー

ステーキ

焼肉

切り落とし


  Copyright © 2014 神戸牛通販 本神戸肉森谷商店公式サイト.All Rights Reserved.