現在表示できません
神戸牛・黒毛和牛切り落とし

ほどける肉質と
脂のうまみが別格です
切り落とし

  • ホーム
  • 神戸牛・黒毛和牛切り落とし

切り落としでその牛肉の実力がわかります

肉じゃがイメージ

神戸牛の切り落としで肉じゃがや野菜炒めをつくればちょっとしたお料理が極上の一品になります。黒毛和牛の切り落としは神戸牛と森谷が厳選した黒毛和牛のロースの切り落としなのでたいへんお得な価格です。柔らかく甘みがありシンプルに塩コショウで炒めても十分におしいですよ。

赤身肉の色について

赤身肉の場合、肉と肉が重なっている部分やシートや竹の皮と接している面が黒ずんでいる場合がございます。
切りたての肉はやや黒ずんでいるもので、30分ほどすると鮮やかな赤色となります。これは、筋肉色素のミオグロビンが空気に触れておこる酸化作用によるものですので黒ずんでいるところは、酸化がおこる前に(新鮮なうちに)肉を重ねたか、あるいはシートなどと密着して酸素のない状態におかれて酸化が止まり色が戻ったというコトですので、安心してお召し上がりください。
また赤身の牛の個体差が大きく、よく熟成された牛の肉の色は濃くなります。特に赤身肉は水分が多いため変色が早いのでなるべくお早めにお召し上がりください。

お肉の色の変化